筋トレ初心者こそフリーウェイトトレーニングをやるべき3つの理由

フリーウェイトトレーニング

みなさんは、ジムでのトレーニングというとどんなトレーニングを思い浮かべますか?マシンを使ったトレーニングでしょうか?スタジオレッスンでしょうか?ランニングマシンやエアロバイクでしょうか?

さまざまなトレーニングが思い浮かぶと思いますが、その中でもマッチョな男性がひしめき合う、フリーウェイトゾーン(ダンベルやバーベルなど、いかにも重そうな器具が置いているゾーン)でトレーニングってしたことありますか?

「やってみたいけど、上級者ばかりで入りにくい」や「マシンと違って危なそう、私には無理」などと思ってしまい、なかなか足を踏み入れたことがある人は少ないのではないかと思います。

しかし、フリーウェイトトレーニングこそ効率的で効果の高いトレーニングで、初心者の人にぜひ取り組んでほしいと私は考えています。

この記事では、なぜフリーウェイトトレーニングを筋トレ初心者の人にすすめるか?その3つの理由を紹介します。

 

フリーウェイトトレーニングはこんなによい!

マッチョな人たちが行っているイメージのあるフリーウェイトトレーニング。必然的に、「フリーウェイトトレーニングといえば筋肉をデカくするのが1番の目的」のように感じがちですよね。

でも、フリーウェイトトレーニングの良さはそれだけではありません!

1.一度にたくさんの筋肉を鍛えることができる

マシントレーニングは、ある程度、身体や姿勢がマシンによって固定されているため、フォームが安定し、ターゲットにしている筋肉をより鍛えやすいつくりになっています。それに対して、フリーウェイトトレーニングは、マシンによって身体が固定されていないため、動きに合わせて1度にたくさんの筋肉が動員されます。そのため、一度にたくさんの筋肉を効率的に鍛えることができるのです!

2.体幹を同時に鍛えることができる

バーベルを担いでスクワットをやってみてください。お腹にしっかり力を入れないとうまくできないことが分かります。このように、フリーウェイトトレーニングの多くの種目では、ターゲットとしている筋肉群とともに、体幹を鍛えることができます。

3.筋肉同士の連携がよくなる

1.と関連しますが、フリーウェイトトレーニングは1つの動きで1度にたくさんの筋肉が同時に動員されます。その動きがだんだんうまくなってくると、筋肉同士の連携も良くなってきます。日常動作のほとんどは、たくさんの筋肉が同時に動くので、筋肉同士の連携が良くなると、日常動作が楽になるといったメリットがあります。

 

マシントレーニングのほうが意外とむずかしい

マシントレーニングは、安全面が考慮されて設計されており、トレーニング初心者に対して、ジムのスタッフが自信をもってオススメできるトレーニング方法です。しかし、案外むずかしいのがマシンのポジション設定。椅子の角度や、バーの高さなど、自分の身体にフィットするポジションを探すのはなかなかむずかしいものです。間違ったポジションでトレーニングを繰り返すと、トレーニングの効果がなかったり、場合によってはケガにつながる可能性があります。

フリーウェイトトレーニングも正しいフォームが非常に大事で、習得するのが難しい面もありますが、私自身は、マシントレーニングのポジションニングのほうが、より難しいと感じています。

また、フリーウェイトトレーニングのよいところの反対になりますが、マシントレーニングでは1マシンにつきターゲットとする筋肉しか鍛えることができないので、あちこち鍛えようとすると、結構時間がかかります。

無理せず軽い重量からチャレンジすれば危なくない

とは言っても、「フリーウェイトトレーニングは危なそう」と安全面からちょっと手が出にくいですよね。私自身もずっとそうでした。ではどうするか?答えは簡単で、無理せず軽い重量からチェレンジすればよいだけです。

ダンベルも大きなジムだと、1kgの重量からありますし、バーベルを扱うのも、最初はバー(棒)だけで十分です。

「そんな軽い重量をやってると、周りからバカにされそう」なんて思いますが、案外、誰も見ていません(笑)
トレーニング上級者ほど、自分の身の丈にあった重量を扱うことの大事さを分かっているので、軽い重量でチャレンジしているあなたを見て、きっと心のなかで応援してくれているはずです!

もちろんフォームは大事なので、ジムのスタッフにしっかり聞いて、軽い重量で正しいフォームをマスターしていきましょう!

 

どうでしたか?フリーウェイトトレーニングにチャレンジしてみたくなりましたか?明日、ジムに行ったら勇気をだしてフリーウェイトゾーンに飛び込んでみましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*